*

「げん結び」開催のお知らせ

~早春の市田邸で、『“げん”結び-音楽と文学-』を愉しむ!~
「十二夜から廻る“うた”の世界」

「“げん”結び-音楽と文学-」は、音と音との縁を結び、新たな形の音楽空間を現ずることを目指したプロジェクトです。言葉と器楽演奏による楽曲を新しく制作し、文学作品と関わりのあるクラシックや現代音楽の器楽曲、文学作品の影響を受けたロックの編曲作品などと組み合わせ、演奏会を重ねています。発足より、シェイクスピアの喜劇作品をプロジェクトの中心に据え、シェイクスピア作品を音楽的視点から再構成し、言葉とは何か、音楽とは何かを問いながら、物語の世界、言葉の世界の面白さを探求しています。

◆主催:NPO法人たいとう歴史都市研究会
◆会場:上野桜木・市田邸(国登録有形文化財建造物)
    東京都台東区上野桜木1-6-2
   (JR上野駅公園口より徒歩約10分、東京メトロ千代田線根津駅より徒歩約10分)
◆開催日時:平成31年2月16日(土)
      開場・受付開始:14時30分
      開演     :15時00分(終演予定:17時00分)
◆出演・制作:“げん”結び実行委員会
       佐藤翔(チェロ)、桑原ゆう(作曲)、大石泰(台本)
◆共演:   市川泰明(テノール)、福島梓(語り)
◆演目:
・田口和行(作曲)/大石泰(台本)/ウィリアム・シェイクスピア(原作):
「十二夜」~テノールを伴うチェロと語り手のための~  [2017]
・桑原ゆう:
・“あかし”による歌の形式 [2018]新作初演
・かたち、あや、あるいはすがた [2017]
・セレナード シェイクスピアのソネット43番による [2017]
・作者不詳/桑原ゆう編曲:おいらが小っちゃな餓鬼の頃 [2017]
・F.プーランク/桑原ゆう編曲:気まぐれFP174(Ten.Vc版) [1959/2019]
※演奏曲目は都合により変更になる場合がございます。
◆参加費:一般3000円、たい歴会員・地元住民割引2700円
 ☆休憩時間には、お茶・珈琲またはワインと、お菓子などを、セルフサービスにて提供させていただきます。

〈お問い合わせ&お申し込み先〉
NPO法人たいとう歴史都市研究会(担当:菅原、中村)
FAX:03-5834-8044 E-mail:ichidatei@taireki.com 携帯電話:090-3347-9472
お申込み方法:参加ご希望の方は、お名前・ご住所・電話番号・参加人数をご記入のうえ
上記のFAXもしくはE-mailにてお申し込みください。

★「“げん”結び」プロフィール
 チェロ奏者の佐藤翔と作曲家の桑原ゆうが大石泰(東京藝術大学教授)の協力のもと2016
 年に立ち上げる。
 東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京、平成28年度東京芸術文化創造発信助成団体としてVol.1「間違いの喜劇」、Vol.2「十二夜、あるいは、お好きなように」、各4公演・合計8公演を、さいたま芸術劇場小ホール、井政-神田の家、安養院にて開催。2017年には、たいとう歴史都市研究会主催のもと、上野桜木に在る国登録有形文化財建造物・市田邸にて公演を行う。)

たい歴フェースブックページ
https://www.facebook.com/taireki/