*

【市田邸貸出企画】のご紹介です

音語り×花語り

2016年12月10日(土)/12月16日(金)

毎回違ったテーマで、生の演奏とお話をお楽しみいただく
「 音語り 」の コラボレーション企画第2弾!

前回は、「オト語り×モノ語り」と題して、
物理学者の江本伸悟さんと企画しました。
今回は、石草流いけ花 奥平清祥さんを講師にお迎えし、
お花の世界とヴァイオリンの独奏をお楽しみいただきます。
実際にお花にふれて、活けていただく時間もしっかり設けます。
まろやかな時が流れる市田邸の素晴らしい空間とともにお楽しみください。
もちろん初めての方も大歓迎。一粒で二度美味しい企画。乞うご期待。

詳細: https://nothjp.wordpress.com/2016/11/17/oh/

hanakatari


【日時】
2016年12月10日(土)13:00 (14:45ころ終了予定)/15:30(17:15ころ終了予定)
12月16日(金)19:00(20:45ころ終了予定)

※各3回とも同じ内容です。
※12月10日(土)13:00の回のみ、乳幼児も可。
※お花の仕込みがある為、前日夜までのお申し込みで、締め切らせていただきます。

【場所】
市田邸
東京都台東区上野桜木1-6-2
地図は コチラ
http://taireki.com/map/index.html

【参加費】
大人 4500円
大学生 3000円
小中高生 2000円
乳幼児 無料(12月10日 13:00の回のみ参加可能)

※お花代含む。お花はお持ち帰りいただけます♪


【曲目】
テレマン / 無伴奏ヴァイオリンのための12のファンタジー」より第1番
J.S.バッハ / 無伴奏ヴァイオリンソナタ第1番 アダージョ
J.S.バッハ / 無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番より「シャコンヌ」

【お申し込み】

12月10日(土) 13:00 コチラ http://noth.jp/lecture/oto/15_2/ (乳幼児可)
12月10日(土) 15:30 コチラ  http://noth.jp/lecture/oto/15_3/
12月16日(金) 19:00 コチラ  http://noth.jp/lecture/oto/15_1/


【講座内容】
道ばたでも食卓でも、日々の暮らしのなかで、私たちの気持ちを和 ませて豊かにしてくれる花々ですが、生け花というと、どんなイメ ージをもつでしょうか?室町時代に確立したといわれる華道ですが 、花はもともと、宴や儀礼の時に、あちこちに浮遊する八百万の神 を呼ぶアンテナ(まれびとが影向する依代)として立てられていま した。ときに歌にあわせて生けられこともあり、音が語り音を通し て見る世界を、花を立てることで呼び寄せて花とともに語る世界に ひたる。見えないものを堪能することで、その力を取り入れるのは 、先人たちの知恵でした。

奥平講師の石草流では、日本古来の風習をふまえ、 野山にあるが如く自然を写す作風が特徴となります。 法則や花型をきめて、そのなかに花をあてはめていけることはせず、 花や枝のもっている美しさに、教えられていけます。 自分が何にひかれるか、 自分の琴線を探るという自分との対話と、それをいかす 素材との対話を大事にしながら、実際にいけてみましょう。ヴァイオリンの音もからめるかもしれません?!

さてさて、お花の世界に続き、音の世界では、テレマンに続き、 バッハをとりあげます。天才バッハが、 4本の弦で奏でられるヴァイオリンという楽器の可能性を余すとこ ろなく活かしたこの組曲は、ヴァイオリニストにとって、 今も金字塔のように輝き、世界中で聖書のように何度も読まれ、 演奏される作品です。4声部がどのように配置されているのか? メロディー、リズム、ハーモニーという音楽の三大要素がその曲の なかでどのように絡み合っているか?などなど少しその音の織物を ひもときながら、お聞きいただきます。最後は、 バッハの作品のなかでも名曲中の名曲、「シャコンヌ」をたっぷり と。時間のゆるす限り、 いけたお花と音の余韻を味わっていただけたら幸いです。


【講師】


奥平清祥(花語り・いけ花)

石草流(せきそうりゅう) いけ花 家元後継
http://sekiso-ikebana/tokyo
東京都生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。
幼少より慣れ親しんだいけばなの道に進み、ホテルオークラ東京、アマン東京、サニーヒルズ東京などの館内装花を担当。大学卒業後、NECでの新聞製作デジタル化の基礎設計、博報堂生活総合研究所でのフリープランナーを経て、LVMHグループでハイエンド・マーケティングの戦略立案に関わる。日本農業経営大学校で非常勤講師を勤め、食と農と文化を軸に生活者の心理と需要を探るため多面的多層的なマーケティングと営業支援を教授。ホテルオークラを飾るために立ち上げられた石草流いけばなでは、国内外のお客様やVIPをおもてなしする精神とかたちを学び、家元である母の助手と新人の育成にあたる。和洋混合のスタイルとリズムになった現代の生活やビジネスに、自然やアートでいかに潤いと彩りを取り入れられるかを研究・提案。分野を横断連携して、日本文化の継承と次世代への訴求を図る活動・ネットワーク形成に努めている。

 

本郷 幸子 (音語り・ヴァイオリン)

東京藝術大学、ドイツ国立トロッシンゲン音楽大学を卒業。ドイツヘッセン州立ヴィースバーデン歌劇場オーケストラにて、3年半研鑽を積む。これまでに札幌 Pacific Music Festital(PMF)、ドイツ シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭、フランスナント市 ラ・フォル・ジュルネ音楽祭などに招聘され演奏。2010年夏に、ドイツより帰国。現在は上野学園大学非常勤講師として後進の指導にあたりながら、横浜シンフォニエッタなどのアンサンブルをはじめ、幅広く活動している。寺子屋 NOTH.JP では、広く一般に音楽を深めていただく場として、講座「音語り」を開催。

http://sachiolin.wix.com/sachikohongo3
https://sachikohongo.wordpress.com

寺子屋 NOTH.JP
http://noth.jp

【市田邸貸出企画】のご紹介です

◆路地裏バロック Vol.2
 ~晩秋に愉しむクラヴィコードのひそやかな音色と日本酒~

日本酒を味わいながら、クラヴィコードによるバロック音楽とのコラボレーションです。

●日 時:11月27日(日)15:00~17:00
●会 場:市田邸(東京都台東区上野桜木1-6-2)
     http://www.magic-izuma.com/
●参加費:3000円(20歳未満の方は入場できません)
 たい歴会員またはお猪口持参の方は200円引き)
●予約・問い合わせ: 03-5685-9177 、03-3824-0525

クラヴィコード
 梶山希代
 東邦音楽大学卒。チェンバロを故鍋島元子に師事。
 T.コープマン、B.v アスペレン、C.アストローニオらの指導を受ける。
 CD「Keyboard Duets of BACH Family」リリース。
 東邦音楽大学、古楽研究会、東京古典楽器センター講師。
 日本チェンバロ協会正会員。

日本酒のお話
 大久保理江
 代々木上原 さかな幸 主人。

演奏予定曲 J.S.バッハ W.F.バッハ A.カベソン etc.

市田邸ちらし1127

【市田邸貸出企画】のお知らせです。

◆市田邸茶会

どなたでもお気軽にご参加いただけます。

10月15日(土)10:00~15:00受付 席主 滝沢宗真
10月16日(日)10:00~15:00受付 席主 山田千仙

一席500円

会場:市田邸(台東区上野桜木1-6-2)

————————

◆書花ニョロ展in 市田邸

【日時】10月22日(土)10時~19時
       23日(日)10時~16時

●入場無料

書道家・平井澄圓の「書」、草花アトリエpupuramoss ・阿田子はづきの「植物」、フリース素材の架空の生き物の世界をつくりだす造形作家・関野宏子の「ニョロ」、初の3人コラボレーション展示。

ー 会期中のお楽しみ ー
①ワークショップ開催
「書花ニョロ飾りをつくろう!」
ハガキ判の画仙紙に好きな言葉や文字を一筆、秋の草花、自由自在な形になるニョロ紐を組み合わせた、お部屋のインテリア。四季折々にバリエーションを楽しめます。
壁飾り・棚置きの両方にお使いいただけます。
各日、11:00~と14:00~の2回。
●参加費 3,000円
●申込み syokanyoro@gmail . com

②味わいの寛ぎ 
展示を眺めながら、熊谷市のお菓子屋さん「ナカニシトルテ」の焼き菓子とお茶セットで、
ホッとひといきいかがですか?(¥300円)

https://www.facebook.com/events/548053182049904/

————————

◆みっかCafe

10月28日(金)~30日(日)11:00~19:00(最終日は18:00まで)
手仕事大好き、食べること大好きが集まって3日間のカフェ&作家展。
会場:市田邸(台東区上野桜木1-6-2)

能登ざんまい at 上野桜木あたり 開催です!

「能登ざんまい@上野桜木“あたり”」
-上野桜木でまるっと1日 能登の魅力を満喫!-

 上野桜木にある
◆上野桜木あたり
◆日展新会館
◆クマイ商店
◆市田邸
の4つの会場で能登イベントを同時開催致します!

★★★★★★★★

●映画鑑賞『ひとにぎりの塩』@日展新会館
https://www.facebook.com/noto.zanmai/posts/123968658033051:0

●ワークショップ「塩のがっこう」@クマイ商店
https://www.facebook.com/noto.zanmai/posts/131236963972887

●マルシェ食堂「能登食堂」&青空市「能登ろじ」@上野桜木あたり
https://www.facebook.com/noto.zanmai/posts/129398094156774

●日本酒の夜会「能登ざんまい 酔宵の会」@市田邸
https://www.facebook.com/noto.zanmai/posts/125416997888217:0

◆上野桜木あたり
東京都台東区上野桜木2丁目15−6 あたり
http://uenosakuragiatari.jp/

*************
お問い合わせ
メール 20160723event@hitonigiri-movie.com
TEL 03-5834-2711(おしおりーぶ 担当:関)11:00~19:00 月曜以外
公式イベントFBページ
https://www.facebook.com/noto.zanmai/

チラシ

静岡の建築仲間がつくる家づくり展2016 テーマ「住まい巡り」のお知らせ

市田邸貸し出し企画のお知らせ

静岡の建築仲間がつくる家づくり展2016
テーマ「住まい巡り」

主に静岡を拠点として活動する6人の建築家が
想いを込めて設計した住まいを紹介します。
11年目の今年は例年と場所を変え、
東京上野の市田邸にて開催します。

参加事務所:
アトリエ樫 岩川卓也アトリエ 自由工房 ナカノ工房
鍋田さつき設計事務所 望月美幸建築設計事務所

開催日時:
2016年7月 8日(金)13:00~19:00
2016年7月 9日(土)11:00~19:30
2016年7月10日(日)11:00~16:00

会期中のイベント:
7/9(土)17:00~ オープニングパーティー

市田邸にてささやかなパーティーを催します。
お気軽にお立ち寄りください。

7/9(土)15:00~ 谷中のまち巡りツアー

NPO法人たいとう歴史都市研究会の方に案内していただき、
周辺の歴史ある町並みや建物を見学します。
参加ご希望の方は上記時間に市田邸前にお越しください。

※いずれも無料で参加いただけます。皆様のご来場をお待ちしております。

DM表

DM裏

谷中・上野のお山探訪シリーズ 開催のお知らせ

「向ヶ岡に配置された大名庭園~不忍池周辺のランドスケープデザイン~」

0001

 不忍池の東側の台地は忍ヶ岡(上野の岡)と呼ばれました。不忍池西側の岡は忍ヶ岡の向う側という位置関係と地形から向ヶ岡と呼ばれ、加賀藩をはじめとする大名屋敷が配置されました。1月の谷中七福神めぐりではJR日暮里駅から不忍池の弁天堂まで忍ヶ岡の名所を巡りました。今回は向ヶ岡を巡ります。向ヶ岡の北端、大聖寺藩下屋敷(須藤公園)をスタートし、越後高田藩榊原家(旧岩崎邸)、不忍池、林羅山邸のあった忍ヶ岡の清水観音堂まで歩きます。それぞれの大名屋敷には不忍池、忍ヶ岡を借景した庭園がありました。それぞれの屋敷で不忍池を美しく眺めるために立地を生かした庭園がつくられました。忍ヶ岡の立地と景観を比較しながら巡りたいと思います。
 不忍池周辺は江戸時代、景勝地だけでなく、水戸藩彰考館前身の史館、湯島聖堂、朱舜水邸、林羅山邸があり、学問・文化の場でもありました。現在も不忍池周辺は文教地区で、江戸時代の学問・文化の場がどのように現在に引き継がれたか考えたいと思います。

※当日は水分を十分取れるように持参するなど、各自ご注意ください。
 かなり距離と高低差がありますので、動きやすい服装でお越しください。

■講 師:原 祐一氏(東京大学埋蔵文化財調査室)
■ルート:
千代田線千駄木駅(2番出口)―大聖寺藩下屋敷(須藤公園)―曹洞宗海蔵寺 水戸藩士 立原杏所、春沙墓地―遠江掛川藩大田家中屋敷(千駄木ふれあいの森)―根津のたいやき―根津神社―水戸藩駒込邸(中屋敷)―朱舜水先生終焉之地(東大弥生地区)―向岡記碑(東大浅野地区)―立原道造記念館跡―加賀藩上屋敷 育徳園(三四郎池 東大本郷地区)―富山藩上屋敷・大聖寺藩上屋敷(東大本郷地区)―越後高田藩榊原家(旧岩崎邸)―不忍池―林羅山邸(清水観音堂周辺)

■日 時:6月4日(土) 9:30~12:00
■集合場所:東京メトロ千代田線 千駄木駅(2番出口)
■距 離:約9キロ 気象条件によって変更することもあります。
■参加費:一般1500円、たいとう歴史都市研究会会員・学生1000円、高校生以下無料
■申込み:下記メールにてお申し込み下さい。
■問い合わせ:NPO法人たいとう歴史都市研究会
E-mail: info@taireki.com
URL: http://taireki.com
携帯:090-6170-4099(当日用)

「谷中・上野のお山探訪シリーズ 特別編」のお知らせ

「ひな人形公開調査」

 今年の3月、上野桜木あたりの「みんなのざしき」で飾られた雛人形。これは昭和4年頃に作られたもので、上野桜木に長年住まわれた方より、たい歴に寄贈された人形です。
 ご覧になった方はお分かりかと思いますが、とても80年以上経ったと思えぬくらいの状態で、とても綺麗なまま保存されています。
 そうは言っても細かいところを見ると色々とガタが来ています。
 たい歴ではこの機会に人形の状態をしっかり調査し、今後の保存と公開に向けてしっかりとしたデータを取るべきと考え、保存修復の専門家による調査を依頼していました。
 ただ、せっかくなのでこの調査自体を公開し、専門家の調査方法を学び、今後の保存や取り扱いのアドバイスを受けるとともに、調査票の記入などの作業に参加できます。
 この機会に皆さんがお持ちの雛人形の、取り扱いと保存方法を学びませんか。

■講 師:野中昭美 東京国立博物館 保存修復室(立体作品担当)アソシエイトフェロー 他
■内 容:
 上野桜木あたりで公開した、昭和4年頃制作の雛人形を調査します。
 修復技術者による調査を、実際に見られる機会はあまりないと思われますので、この機会に一緒に参加できるよう公開講座としました。
 立体修復技術者によるレクチャーを聞いた後調査に入ります。参加者には調査票の記入などに携わって頂きます。
 今後の取り扱い、保存に関しても話を伺います。

■日 時:5月15日(日)13:00~16:00
■場 所:旧平櫛田中邸アトリエ
■参加費:一般1500円、たいとう歴史都市研究会会員・学生1000円、高校生以下無料
■申込み:下記メールにてお申し込み下さい。
■問い合わせ:NPO法人たいとう歴史都市研究会
E-mail: info@taireki.com
URL: http://taireki.com
携帯:090-6170-4099(当日用)

IMG_0332

NHK TOKYOディープ 放送のお知らせ

NHK TOKYOディープ 放送のお知らせ

■5月2日(月)放送!

 たい歴ではかねてよりNHK BSプレミアムの番組「TOKYOディープ」の取材を受けておりました。
 この度「ゆったりと時が流れる上野桜木」として放送が決まりましたのでお知らせ致します。
 放送時間は以下の通りです。

 5月2日(月) 19:00~19:30 NHK BSプレミアムで放送です。
 詳しくは以下のURLをご覧ください。
 http://www4.nhk.or.jp/tokyodeep/

 また、再放送は6日 (金)午前6:30から、翌再放送が9日(月)昼12:00から放送されます。
 
 上記URLより放送内容の紹介です。
 「古民家を生かしたおしゃれスポットで、若い女性に大人気の上野桜木に、モデルの生方ななえさんが潜入!元パリコレモデルが営む喫茶店で出会ったのは、くどき上手のプレイボーイ!? 学生たちがシェアして暮らす歴史ある日本家屋、名だたる画家たちの注文に応えてきたオーダーメードの額縁屋、台湾のスイーツを味わえる店。伝説のおでん屋にすむ猫がつなぐ、街の絆。ゆったりと時が流れる上野桜木の魅力をたっぷり、ご紹介します!

 皆様ぜひご覧ください。

市田邸貸出企画 ■鼓と絲■ のお知らせです

【市田邸貸出企画】


鼓と絲


麗らかな春の午後 歴史的建物「市田邸」のお座敷に和の音が響きます。
 
○会  場
上野桜木「市田邸」(国登録有形文化財建造物)
東京都台東区上野桜木1-6-2

○開催日時
平成28年4月16日(土)
受付 13:30 開演 14:00

○出  演
大庫こずえ(うた・箏・三味線)  福原鶴花 (鳴り物)

〈プロフィール〉

大庫こずえ(おおくらこずえ)
うた・箏・三味線 演奏家
東京生まれ
東京芸術大学邦楽科山田流筝曲出身
1997年より 三味線・筝(こと)の演奏家として活動を始める。
2002年より 昼神温泉「石苔亭いしだ」能舞台にての定期公演を現在も継続中
2006年 京都芸術センター公募事業に選定され 京都公演を行う
2007年 日本文学による「三味線歌曲集」並びに、茂山茂氏の協力による 筝の弾き歌いと狂言語り「霊犬早太郎物語」を発表
    モナコ在住舞踊家‘葛(かつら)たか雪’氏への音楽提供により 現地の要人列席の場で 地歌・東明流の三味線演奏が披露される
2008年 三味線歌曲と狂言版早太郎物語収録CDリリース
日本の伝統音楽を土台として、作曲家藤井大史氏の協力による 自らの三味線と筝を伴奏として日本語を歌うスタイルを確立
2010年東京京橋でのライブを皮切りに 鳴り物奏者福原鶴花氏とのユニットでの演奏の場を広げる

福原 鶴花(ふくはらつるか)
邦楽囃子福原流囃子方
1991年 名前を許され長野県中野市に稽古場を開く
1998年  長野冬季オリンピック文化プログラムに参加
2004年 ギリシャにおける日本文化年事業に参加し、ギリシャ各地で公演
2012年 アメリカ・シカゴにおいて、太鼓レガシーの公演に参加
2014年、2015年 アメリカ・ナッシュビル、クラークスビルにおいて、演奏等、日本内外において演奏活動をする傍ら邦楽指導と普及にあたる

○参加費
予約優先 一般3,000円

○定 員
35名

○お申込み・お問い合わせ
大庫こずえ 080-3254-5233  kozukotokoto@i.softbank.jp
福原鶴花  090-3143-6753  ytsurunozomikeytudumi@docomo.ne.jp

○演 目
花の袖  (作曲/藤井大史)
地歌 雪 (作曲/峰崎勾当)
布袋   (作曲/山田検校)
いつまでもかわらないで (作曲/藤井大史)
ちょいと昔の事にて候  (作曲/藤井大史)
                     他

こと

市田邸貸出企画■召しませ手品を、歌を――上野 市田邸にて■のお知らせです

【市田邸貸出企画】

■召しませ手品を、歌を――上野 市田邸にて■
 
夢二の絵から抜け出したような和装手品師izumaと、
大正歌謡も交えたギター弾語りチャーリー坂本。
明治大正の香りの残る市田邸にて

上野は桜木。
かつて寺町だったその場所は、明治になり文化人たちが暮らす場所となります。
今でもその当時の香りが残る建物がこのあたりには残っており、〈たいとう歴史都市研究会〉の方がたや、そこに住む方たちが、それらの建物を大切に守っています。
そんな建物の1つに、明治40年に日本橋の布問屋さんの居として 建てられた「市田邸」があります。
戦後にはそこは藝大生たちの下宿にもなっておりました。

この「市田邸」にて、桜の咲く日曜昼下がり、すてきな宴を催します。
桜とともに宴を彩るのは、和風手品師izumaさん、そして弾き語りミュージシャンのチャーリー坂本さん。
戦前、戦後、大勢のお客さまや学生さんたちで賑わっていたであろう 「市田邸」の‘あの頃’をそれぞれにイメージしながら、ご一緒にこの貴重な時間を楽しみましょう。

お着物でお出かけになるのもいい日和、いい場所です。

***

◆日 時:2016年3月27日(日)
 14:30受付開始、15:00~公演スタート
 16:30頃終了
◇場 所:市田邸(東京都台東区上野桜木1-6-2)
 http://www.magic-izuma.com/

◆ご参加費用:おひとり2,500円
(茶菓付、20歳以上でお飲みになれる方にはわずかですがアルコールもご用意しております)

◇ご参加方法:お手数ですが、以下のフォームに必要事項をご記入の上、ご返信ください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/b366e1d1419599
(受付後、担当:林より受信のご案内を申し上げます)

***

◇出演者紹介◆
◆チャーリー坂本(弾き語りミュージシャン)
時にはほろっと切なくも心温まる曲を、そして時には聴き 覚えのあるあの歌を、すてきなギターの調べと共に聴かせてくれるチャーリーさん。
いつも欠かさないあのサービス タイム。さてこの日のターゲットはどなたに。。。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/b366e1d1419599

12736203_972004176210294_2024680497_n

◇和風手品師izuma
「いつか見た 夢のような世界」を作り出す和風手品師。
その世界はどこか儚く、美しい。妖しいまでのたおやかさに、ついつい目が離せなくなる。今や日本を飛び越え、アジア各地で人気の彼女である。
http://www.magic-izuma.com/

12782228_972002869543758_2035580146_n

◆協力 菅沼朋香
◇企画 mikibar (林美貴)