*

2018年度 上野のお山探訪講座 第2回開催のお知らせ

「谷中・上野のお山探訪講座」とは。
 たいとう歴史都市研究会では、2006年より「上野のお山」として人々に親しまれてきた上野公園について、上野公園の誕生秘話や江戸期の寛永寺の姿、大名庭園、太古の自然やなど、さまざまな視点から「上野のお山」を再発見する活動を行なってきました。
 現在2020年のオリンピック開催に向け、上野公園では日本の顔となる「文化の杜」としての再整備も完成に近づき、また、海外からの観光サービスの充実に取り組まれていますが、改めて歴史文化の拠点としての「上野のお山」について再発見し、これからを考える機会として、本年度2018年9月から5~6回の連続講義を設けることにいたしました。寛永寺、あるいは近代公園として、西洋美術館や動物園、博覧会会場など文化発信の地として、上野・本郷台地ランドスケープや地域の生業との関係など、幅広いテーマに展開したいと考えています。
———————————————————————————–
来たる9月20日 18:​30~20:​30に、たいとう歴史都市研究会の主催の「谷中・上野のお山探訪​の連続講座」の第2回目として、「上野のお山の公園構想 ~危機を乗り越え進化する文化と平和の杜~」を開催いたします。

 この連続講座は、たいとう歴史都市研究会が2006年より行って​きた、さまざまな視点から「上野のお山」として人々に親しまれてきた上​野公園を再発見しようとする活動の一環で、オリンピック開催に向けての様々な動きがある中、改めて歴史文化​の拠点としての「上野のお山」について再発見し、これからを考え​る機会とすることを目的としたものです。

ご関心のある方はぜひご参加ください。

——————————​——————————​-
2018年度 上野のお山探訪講座 第2回
「上野のお山の公園構想」~危機を乗り越え進化する文化と平和の​杜~
  横張真氏(東京大学工学部都市工学専攻教授)
9月20日(木)18:30~20:30   於:市田邸
——————————​——————————​-

 連日国内外からの大勢の訪問客で賑わう上野公園ですが、江戸から​明治への転換、震災や戦災からの復興など、物理的なダメージおよ​び社会的変化に伴う危機を乗り越え、今日の姿があります。その移​り変わりを見ると、上野公園が時代ごとの文化の拠点機能を受け入​れ、変化しながらも、寛永寺の建立に祈願された万民の平安への祈​願を受け継いできたことを感じずにはいられません。
 現在、緑やオープンスペースなど公園的な空間の創出や活用に関し​て、民間の活動が広がりを見せており、2016年の都市緑地法の​改正では、市民緑地認定制度やみどり法人制度など、その活動を支​える制度も創設されています。現在の「公園」から視野を広げ、寛​永寺とその子院、谷中の寺町・屋敷町に中世・近世から続く地域の​水・緑を手がかりに、上野のお山全体を公園的な、住みよく美しい​まちとしてマネジメントすることも考えられます。
 第2回目は、横張真先生(東京大学大学院工学系研究科)をお迎え​し、上野公園が乗り越えてきた危機と新たな公園緑地に関する制度​を踏まえたこれからの上野のお山の公園構想の可能性について伺い​ます。
 第3回目の講座は11月以降に予定しています。詳細決まり次第f​acebookなどでお知らせいたしますので、引き続きご参加い​ただければ幸いです。

◆日 時:平成30年9月20日(木) 18時30分~20時30分(受付18:00~)
◆講 師:横張真氏(東京大学工学部都市工学専攻 教授)
◆会 場:市田邸 (国登録有形文化財 東京都台東区上野桜木1-6-2)
◆参加費:一般1500円 会員1000円(NPOたいとう歴史都市研究会会員)
◆定 員:先着30名様(予約の方優先、当日空きがあれば当日も受付)​
◆主 催:特定非営利活動法人たいとう歴史都市研究会
◆参加登録:参加フォームよりお申し込みください https://goo.gl/yQeF3i
◆主 催:特定非営利活動法人たいとう歴史都市研究会
◆参加登録・問い合わせ先:uenonooyama@taireki.com

◆たい歴HP http://taireki.com/  FB https://www.facebook.com/taireki/