*

江戸音曲×市田邸のお知らせ

たい歴主催、初春第一弾のライブのお知らせです。
 皆様是非おこしくださいませ!

 ——
◆江戸音曲×市田邸◆
<初春の市田邸で、柳家小春の江戸音曲の数々を愉しむ!>
 「柳家小春独演会~新内と新年の端唄いろいろ~」

江戸情緒を遺す谷中・上野桜木界隈、その入り口に位置する市田邸は、明治40年に建てられた歴史的木造建造物。芸術文化活動の拠点として様々な催しを開催しています。
 初春第一弾のライブは、三味線弾唄いで江戸音曲の粋な世界を縦横に表現する柳家小春の独演会。百年超の時を重ねる市田邸のお座敷で、新年にふさわしい新内や端唄など江戸の香りをはこぶ粋曲の数々を、たっぷりとお聴かせいたします。

◆会場
 上野桜木「市田邸」(国登録有形文化財建造物)
 東京都台東区上野桜木1-6-2
 ※JR上野駅公園口または千代田線根津駅から徒歩約10分

◆開催日時
 平成28年1月17日(日)
 受付14時30分/開演15時(~17時終演予定)※途中休憩有り

◆出演
 柳家小春(三味線弾唄い)

<プロフィール>
 柳家小春(やなぎや こはる)。
1991年、名人といわれた「粋曲」の柳家紫朝に入門、三味線、端唄俗曲、新内を修業、寄席出演を経て、現在は伝統の枠に留まらず、ライブハウスやカフェ、クラブイベント、また海外など、いろいろな場所に自ら出向き、江戸音曲の粋な世界を師匠に仕込まれた芸でしっかりと伝える。その一方で、現代の音楽家やダンスなどさまざまなジャンルのアーティストとのコラボレーションをおこない、実験的な試みを重ね日本の伝統と現代が交錯する新しい音楽世界を生み出している。共演者の数はすでに百を超え、最近では月琴の弾き語りや民謡にも幅をひろげその芸は留まるところを知らない。

◆参加費
 一般3500円 たい歴会員・地元住民割引3300円
※休憩時間には、日本酒とおつまみ、又は、お茶・珈琲とお菓子を用意させていただきます。

◆定員
25名(先着順で受け付け、定員になり次第締め切らせていただきます。)

◆主催
NPO法人たいとう歴史都市研究会

<お問い合わせ・お申し込み方法>
NPO法人たいとう歴史都市研究会(担当:菅原、中村)
FAX:03-5834-8044
E-mail:ichidatei★taireki.com(★を@にかえてご使用ください)
携帯電話:090-3347-9472(菅原)
※お名前、ご住所、電話番号、参加人数をご記入の上、FAXもしくはE-mailにてお申し込みください。

12400978_963284113708225_7505438495171207714_n