*

2月2015

「建物の調べ方 実測編」開催のお知らせ

「建物の調べ方 実測編」を開催します

 建物をよく知るための一つの方法に実測があります。たいとう歴史都市研究会でも多くの建物を実測してきました。そこでは、建物を実際に図り、その規模や形の理解を深めます。
 今回は建物の調べ方の入門編として実測の勉強会を開催します。対象は、明治末に建てられた登録有形文化財である市田邸です。作業は、建物の間どりを調べる平面図の作成を体験してもらいます。
 建物の実測に興味のある方、どんなことをやっているか知りたい方、この機会にぜひ参加してみませんか?

■日 程 平成27年2月28日 10時~12時
■会 場 上野桜木 市田邸
     東京都台東区上野桜木1-6-2
■当日の流れ
 (開場9時45分)
 10時~ 建物の調査について(15分程度)
 10時20分~11時45分 平面図の作成
 11時45分から12時 まとめ

■持ち物 筆記用具
     ※その他必要なものはこちらで用意します。
■講 師 小林 直弘(東京藝術大学大学院 非常勤講師・たい歴理事)
■参加費 一般1500円、会員・学生1000円
■定 員 10名程度

●参加申し込みは以下のメールアドレスにお願い致します。
kobayashi.naohiro@fa.geidai.ac.jp

市田邸1

日本酒×市田邸のお知らせです

日本酒×市田邸


「冬の市田邸で、広島の小京都・竹原の三蔵元(竹鶴酒造、中尾醸造、藤井酒造)の美酒と瀬戸内の旬の牡蠣料理を愉しむ!」

竹原の三蔵元を熟知する利酒師・山田智嗣さん(竹原「前川酒店」代表取締役)のお話と案内により、料理方・横田健太郎さん(入谷「侘助」店主)が腕を振るう旬の牡蠣料理の数々とマリアージュしながら、各蔵の個性ある美酒を味わっていただきます。また、宴半ばには、東京藝術大学在学中の若き演奏家グループ「トリオSpross」が登場しフレッシュな演奏をお届けします。加えて、夜の部のみですが、環境NPOの木村江美さんによる「牡蠣が伝える森と海の秘密のつながり」という興味深いテーマのお話もありますので、終宴までごゆっくりと、〈日本酒〉と〈料理〉と〈音楽〉をお愉しみください。

・開催日時:平成27年2月15日(日)
      〈昼の部〉受付・開場11:30 開宴12:00 終宴14:30(予定)
      〈夜の部〉受付・開場16:30 開宴17:00 終宴19:30(予定)
・会  場:上野桜木・市田邸(国登録有形文化財建造物/明治40年築)
      〒110-0002東京都台東区上野桜木1-6-2
      (JR上野駅公園口から徒歩10分、東京メトロ千代田線根津駅から徒歩10分)
・出  演:〈竹原の町とお酒の案内人〉(昼の部&夜の部)
       山田智嗣(前川酒店 代表取締役/利酒師) 
・ゲ  ス  ト:〈演奏〉(昼の部&夜の部)
       byトリオSpross(トリオシュプロス)
       ・片山貴裕(クラリネット)〈東京藝術大学音楽学部器楽科在学中〉
       ・古谷拳一(ファゴット)〈同上〉
       ・谷口若菜(ピアノ)〈同上〉
〈プロフィール〉
私たちトリオは、つい先日成人式を迎えたばかりの東京藝術大学2年生の同級生で結成されました。Sprossとは、ドイツ語で「若葉」を意味しており、音楽家としても大人としても第一歩を踏み出したばかりの私たちを象徴して、この名前をつけました。本日は美味しい日本酒と共に、私たちのフレッシュな演奏を楽しんでいただけましたら幸いです。

〈ミニ・プレゼンテーション〉(夜の部のみ)
・おはなし:「牡蠣が伝える森と海の秘密のつながり」
by木村江美(NPO法人地球と未来の環境基金)


料  理  方:横田健太郎(入谷「侘助(わびすけ)」店主)
定  員:〈昼の部〉25名&〈夜の部〉25名 [入れ替え制] 
   ※昼の部・夜の部とも、満席につき、キャンセル待ちとなっております。

☆次回の市田邸・日本酒の会は、本年11月15日(日)に、新潟・新発田(しばた)の蔵元と町で様々な活動をしている方々をお招びして、「日本酒×市田邸スペシャル」と称して、日本酒と料理の提供にとどまらず、〈新発田×谷中・上野桜木〉をテーマに、新発田と谷中・上野桜木の町が立体的に組んだ企画を鋭意考案中ですので、ご期待ください。


・参加費:お一人様8000円
※たい歴会員・地元住民・学生の方は、割引が適用されますので、
       お一人様7500円とさせていただきます。
・主  催:NPO法人たいとう歴史都市研究会

〈お問い合わせ・お申し込み先〉
NPO法人たいとう歴史都市研究会(担当:菅原、中村)
FAX:03-5834-8044
E-mail:ichidatei★taireki.com(★を@にかえてご使用ください)
携帯電話:090-3347-9472(当日)
☆お申し込み方法:お名前、ご住所、電話番号、〈昼の部〉と〈夜の部〉のどちらを希望されるか、参加人数などをご記入の上、FAXもしくはE-mailにてお申し込みください。

竹原の酒OL

講演「寺町谷中の木造と路地を活かせるまちづくり」+「谷中地区木造建築防火の手引き」発表会のお知らせです

 今週末2月7日(土)は谷中の寺院、観智院様にて、谷中の木造建築の防火対策講座の下記勉強会・発表会を行います。
 木造建築の保存とまちづくりにお詳しい後藤治先生からお話を伺い、木造建築の防火対策の手引きを紹介します。
 谷中地域の方、木造住宅や寺院にお住まいの方、路地や木造の保存活用にご関心ある方、どうぞご参加下さい。
——————————————
■■講演「寺町谷中の木造と路地を活かせるまちづくり」
+「谷中地区木造建築防火の手引き」発表会 ■■

 江戸からの寺町谷中には、戦前からのお寺、町家、屋敷が残り、路地や緑も多くあります。
 この暮らしと風情を守るには、生活者が日常的な防火・消火の対策を行い、災害時の安全性を高めることも大切です。
 本勉強会は谷中地区の防火対策を地域や消防関係の皆様と一緒に考えるために開催しております。今回は、工学院大学の後藤治先生をお招きして、木造建物や路地の多いまちの防火対策についてお話を伺います。
 また、これまでの勉強会に基づき作成しております「谷中地区木造建築防火の手引き」の紹介をいたします。当日来場のみなさまにご覧いただき、いただいた意見を後日手引きに反映させていただきます。
 谷中上野桜木界隈にお住まいのみなさま、木造建造物の防火対策に関心のある方、ぜひお誘いあわせの上ご参加ください。

日時:平成27年2月7日(土)13:00開場、13:30開演 16:00閉会予定
講師:後藤治先生 工学院大学教授
会場:観智院 2階大広間
 〒110-0001 東京都台東区谷中,5丁目2-4
 http://kanchiin.com/index.html
 日暮里駅~徒歩10分、千駄木駅から徒歩約8分

定員:30名
主催・お問合せ先:NPOたいとう歴史都市研究会
 info★taireki.com(★を@にかえてご使用ください)
 事務局携帯tel.090-6170-4099(担当:椎原)

 本事業は、平成26年度文化庁「NPO等による文化財建造物保存活用事業」の一環で行っております。

20150207