*

12月2013

朗読×三味線&尺八×市田邸のお知らせ

「市田邸で坂口安吾の朗読と三味線&尺八を愉しむ」

女優・松浦佐知子が、明治から百年以上の時を積み重ねる上野桜木・市田邸で、女流義太夫・鶴澤津賀寿の華麗な三味線と東京芸大在学中の新鋭奏者・松下尚暉の尺八とコラボレーションして、昭和文学の鬼才・坂口安吾の名作「桜の森の満開の下」を朗読します。

・出 演 松浦佐知子(女優/劇団夢の遊眠社出身)
     鶴澤津賀寿(三味線)
     松下尚暉 (尺八)

・会 場 上野桜木・市田邸
      〒110-0002 東京都台東区上野桜木1-6-2(JR上野駅から徒歩10分)

・開催日 平成26年1月13日(月曜・祝日)

・時 間 開場:14時30分
     開演:15時~(途中休憩あり)
     終了:16時30分頃予定
・定 員  30名(先着順で受け付け、定員になり次第、締め切らせていただきます)

・参加費  一般 3,000円 たい歴会員・地元住民割引 2,800円

☆休憩時間に、〈日本酒&おつまみ〉または〈抹茶&お菓子〉をご提供いたしますので、お申し込み時にご希望をお聞かせください。
◇参加費の一部を、市田邸はじめ谷中界隈の歴史的建造物の保存活用協力金とさせていただきます。
・主 催  NPO法人たいとう歴史都市研究会

■お問い合わせ・お申し込み先■
NPO法人たいとう歴史都市研究会(担当:菅原、中村)
 FAX:04-5834-8044
 E-mail:ichidatei@taireki.com
 携帯電話:090-6170-4099(当日)
お申し込み方法:名前、住所、電話番号、参加人数、日程をご記入の上、FAXもしくはE-mailでお申し込みください。

松浦佐知子さん

松浦佐知子さん

鶴澤津賀寿さん(三味線)

鶴澤津賀寿さん(三味線)

〈出演者プロフィール〉
◆松浦佐知子(まつうら さちこ)
 福岡県生まれ。劇団夢の遊眠社出身。特技:日本舞踊(藤間流)、長唄、三味線。
 ≪主な芸歴≫
〈映画〉・「キミとボク」監督:窪田崇・「ランウェイ☆ビート」監督:大谷健太郎・「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」監督:豊島圭介・「手紙」監督:生野慈郎・「オトシモノ」監督:古澤健・「インプリント~ぼっけえ、きょうてぇ」監督:三池崇
〈TV〉・フジテレビ「フリーター、家を買う。」「リッチマン・プアーウーマン」「世にも奇妙な物語」「離婚弁護士」・TBS「リアル・クローズ」「涙そうそう」「ラブの贈り物」「ラブの贈り物2」「笑顔の法則」「番茶も出花」「カミさんの悪口2」「パパ・サバイバル」・テレビ朝日「相棒」
〈舞台〉・二兎社公演35「かたりの椅子」作・演出:永井愛・「1945」演出:ロバート・アラン・アッカ―マン・「座頭市」演出:三池崇・「哀しい予感」演出:塚本晋也・夢の遊眠社公演「走れメロス」「野獣降臨」「半神」「ゼンダ城の虜」他多数・「エンジェルス イン アメリカ」演出:ロバート・アラン・アッカ―マン・「葵上」「マクベス」演出:デヴィッド・ルヴォ―・「楽屋」演出:鈴木裕美
〈ラジオ〉・NHK FM シアター「鈴のない猫」「野原の小道」

◆鶴澤津賀寿(つるざわ つがじゅ)
 東京都出身。昭和59年竹本駒之助に入門、三味線を四代目野澤錦糸に師事。昭和61年駒之助の義母三生の幼名を継ぎ、本牧亭にて初舞台。鶴澤重輝の預かり弟子となる。平成8年度第47回芸術選奨文部大臣賞新人賞(古典芸術部門)、平成9年度第11回清栄会奨励賞、平成11年度第4回ビクター財団賞「奨励賞」(現・日本伝統文化振興財団賞)等。平成21年重要無形文化財「義太夫節」総合指定保持者認定。

◆松下尚暉(まつした なおき)
 平成4年生まれ。福島県出身。東京藝術大学邦楽科尺八専攻3年。幼少の頃、たまたま聞いた尺八の音に魅了され、地元のおじさんに貰った楽器をオモチャに独学で習得。人間の生命の証「息」を使い、自らの存在意識・魂の奮い立つ音楽を追い求める。

 

切り絵図で巡る「谷中七福神めぐり」のお知らせ

上野のお山探訪シリーズ
切り絵図で巡る「谷中七福神めぐり」

まだまだ参加者募集中です。

東京で一番古い七福神。お正月の空気の中、江戸切り絵図を片手に田端~谷中~不忍池まで巡ります。江戸の行楽を追体験してみませんか?
七福神

切り絵図で巡る「谷中七福神めぐり」のお知らせ

上野のお山探訪シリーズ
切り絵図で巡る「谷中七福神めぐり」

東京で一番古い七福神。お正月の空気の中、江戸切り絵図を片手に田端~谷中~不忍池まで巡ります。江戸の行楽を追体験してみませんか?

日  時:平成26年1月5日(日)9:30~12:30 
集合場所:JR田端駅北口改札前広場
主  催:NPOたいとう歴史都市研究会
解  説:嶋根隆一氏(伝世舎)

「谷中七福神めぐり」コース
東覚寺(福禄寿)→青雲寺(恵比寿)→修性院(布袋尊)→長安寺(寿老人)→天王寺(毘沙門天)→護国院(大黒天)→不忍池弁天堂(弁財天)解散

当日は寒さが予想されますので、暖かい服装でお越し下さい。

参加費:会員1,000円、一般1,500円、学生500円、中学生以下無料。
申し込み:下記メールにてお申し込み下さい。
     当日参加可。集合場所にお集まり下さい。
■問合せ:info★taireki.com(★を@にかえてご使用ください)
■当日問合せ先:090-6170-4099
 022

上野のお山探訪のご紹介


 昔から「上野のお山」として人々に親しまれてきた上野公園は、元は寛永寺の広大な境内で、今は美術館、博物館、動物園、不忍池など、自然と文化に恵まれた憩いの場となっています。
 その上野公園の誕生秘話、江戸期の寛永寺の姿、太古からの自然など、さまざまな視点から「上野のお山」を再発見します。
 今まで「上野公園 近代建築散歩」「寛永寺護国院の建築と岡田信一郎」「岡倉天心と東京美術学校、日本美術院の展開」「寛永寺と徳川将軍/将軍の霊廟と葵の間見学」「忍ヶ丘の埋蔵文化財」「根岸文学散歩」など、様々なテーマで講演会を開いてきました。
 今後更なる充実のために、皆様からテーマを募集中です。
 「こんなことを知りたい」と言うものがありましたら、ぜひご提案ください。

落語×市田邸開催のお知らせ

■落語×市田邸
~市田邸で古典落語を愉しむ~

「三遊亭円左衛門の会」開催

今年最後の「落語×市田邸」。まだお席があります。師走の忙しさをしばし忘れ、ぜひ一席お楽しみ下さい。

寄席

落語×市田邸開催のお知らせ

■落語×市田邸
~市田邸で古典落語を愉しむ~「三遊亭円左衛門の会」

 江戸情緒を遺す谷中・上野桜木界隈、その入り口に位置する築百年超の歴史的木造建造物、上野桜木「市田邸」のお座敷にて、「全国に寄席を百軒」を目指して、地域寄席「やねせん亭」などをプロデュースしている三遊亭円左衛門が、谷中に縁の深い三遊亭円朝の名作「死神」をはじめ、古典落語二席をたっぷりお聴かせいたします。


SONY DSC

〈三遊亭円左衛門プロフィール〉
 3月2日生まれ。うお座。B型。
 1982年 5代目三遊亭円楽入門
 1991年 5月 真打昇進
 2008年12月 寄席「やねせん亭」プロデュース
       (3ヵ月に一度開催、以後今日まで続く)
 2011年 2月 「ふなっこ寄席」プロデュース
       (3ヵ月に一度開催、以後今日まで続く)
「全国に寄席を百軒」を目指して活動中。

・開催日:平成25年12月14日(土)
・時 間:開場:14時30分/開演:15時~(終演17時予定)
・会 場:上野桜木・市田邸  東京都台東区上野桜木1-6-2
   (JR上野駅から徒歩10分、
      東京メトロ千代田線根津駅から徒歩10分)
・出演及び演目:
 ・谷中亭志かく 開口一番
 ・円左衛門  「死神」
  仲入り
 ・映画    「死神」
 ・円左衛門  「包丁」
・参加費:一般3,000円、たい歴・地元住民割引2,800円
 ※全席自由席
・会場はお座敷ですので座布団席となりますが、最後列につきましては椅子席を6席分ほど用意させていただきます。
・仲入りには、珈琲orお茶と、お茶菓子を、セルフサービスにて提供させていただきます
・定 員:30名(先着順で受け付け、定員になり次第締め切らせていただきます。)
・主 催:NPO法人たいとう歴史都市研究会

〈お問い合わせ・お申し込み〉
 NPO法人たいとう歴史都市研究会(担当:菅原、中村)
FAX:03-5834-8044
E-mail:ichidatei★taireki.com(★を@にかえてご使用ください)
携帯電話(当日):090-3347-9472
※お名前、ご住所、電話番号、参加人数をご記入の上、FAXかE-mailにてお申し込みください。