*

9月2013

沖縄民謡×市田邸 平成25年10月13日(日)開催

沖縄民謡×市田邸 

「沖縄民謡の会―夏の思い出―」~市田邸で、沖縄民謡<歌と三線>を愉しむ!~

 

・会 場:上野桜木・市田邸 〒110-0002 東京都台東区上野桜木1-6-2

                  (JR上野駅から徒歩10分)

 

・日 時:平成25年10月13日(日)

    <一回目>12時30分開場/13時開演(15時頃終演予定、途中休憩時間あり)

    <二回目>16時30分開場/17時開演(19時頃終演予定、途中休憩時間あり)

    ※一回目・二回目とも、演奏内容は同一です。

 

・出 演:讓原えりか

・参加費:一般2000円、たい歴会員・地元住民・学生(大学院生以下)割引1800円

 

・内 容:

沖縄民謡は、歌と一緒に三線(さんしん)を弾く音楽です。一人で歌も三線も演奏することも、それぞれを分担して演奏することもあります。

三線は、弦は三本で、蛇三線とも言われるように、胴に蛇の皮が張られています。弦を爪のような形をした撥で、チン、チン、とリズミカルの弾きます。三線は歌のメロディーを少し補強する程度で、伴奏というよりはむしろ、リズムを際立たせる、打楽器的な役割があります。メロディーのシンプルさと、心が浮き立つようなリズムが、沖縄独特の魅力です。

今回の市田邸の会では、讓原えりかさんが、沖縄民謡の歌や演奏とともに、映像を使いながら、ご自身の奄美での夏の思い出や、音楽に対する想いなどをお話ししたり、参加者の皆さんにも加わっていただいて一緒に音を出すような趣向も考えております。

 

<讓原えりかプロフィール>

讓原えりか顔写真131013 幼少よりピアノを長島みゆき氏に師事。

 武蔵野音楽大学器楽科ピアノ専攻を経て、武蔵野音楽大学大学院音楽学専攻に進学。大学院では、日本音楽の一種目である筑前琵琶楽について研究を行うかたわら、筑前琵琶歌の演奏を本橋旭鴬氏に師事。

 また、2011年の沖縄滞在より沖縄民謡を島袋昌也、石橋武則の両氏に師事。2013年、9月花形歌舞伎 夜の部「陰陽師」では、効果音楽として、琵琶音の録音に参加した。

 

 

<問い合わせ・申し込み先>

NPO法人たいとう歴史都市研究会(担当:菅原、中村)

FAX:03-5834-8044
E-mail:ichidatei★taireki.com(★を@にかえてご使用ください)
携帯電話(当日):090-3347-9472

申し込み方法:お名前、ご住所、電話番号、参加人数、日程、一回目と二回目のどちらに参加されるかを、ご記入の上、FAXもしくはE-mailにてお申し込みください。

寺子屋〜秋の音楽祭〜参加小学生募集!

◆日時/内容◆

10月6日(日)

・13:00〜身の回りの材料を使った楽器づくり

・14:45〜演奏会(どなたさまもご参加いただけます!)

 

◆対象◆

小学校1年生〜6年生

 

◆参加費◆

500円

 

◆場所◆

市田邸(台東区上野桜木1−6−2)

 

◆お申し込み◆

①参加者氏名(ふりがな)

②性別

③学校名、学年

④保護者氏名

⑤ご連絡先(電話番号・メールアドレス)

⑥その他(アレルギーなど)

以上の項目をメールかFAXでお送り下さい。

・メール terakoya@taireki.com

・FAX 03-5834-8044

(担当:喜多)

 

※芸工展参加企画です。

※10:00〜16:00まで、市田邸蔵資料展示同時開催いたします。