*

6月2010

早稲田まちづくりシンポジウム2010

「構想と統合のダイナミズム」
その先にあるまちづくりのすがたと地域空間像

日程:7月4日(日)
時間:午後1時~6時
場所:早稲田大学国際会議場(東京都新宿区西早稲田1-20-14)
要旨:地域で生まれる構想の出発点は何か。そしてこの構想をダイナミックに動かし
   統合へと導く力は何か。また、地域の空間と社会はどのように変化していくのか。
   「地域主権」という実感の伴わない言葉が一人歩きしている現在の状況下に
   おいて、地域でまちづくりを構想する際、主権のあり方や制度的合理性の追求
   よりも、地域や個人にそなわっている創造性や統合力を見いだし、さまざまな
   アプローチによって、イメージやビジョンを組み立てていくことの方が重要である。
   本シンポジウムでは、あるきっかけや切り口を手がかりに地域ではじまる動
   きを丁寧に描写し、そこに生まれ始めている萌芽や展開可能性の先に見える
   「まちづくりのすがた」を浮かび上がらせてみたい。
内容:◆セッション1 観光地における自律と統合
    ◆セッション2 ビジョンの脱構築と「デザイン」
    ◆セッション3 ポスト・エリアマネジメントと地域空間
     ⇒パネリストの一人:中村文美(NPOたいとう歴史都市研究会)
    ◆総括セッション
料金:無料
資料代:一般/3000円、都市計画フォーラム会員/2000円、学生/無料
参加資格:下記HPより申込み。当日参加も可。
主催:早稲田まちづくりシンポジウム2010実行委員会

詳細・申し込み(当日参加も可)は以下をご覧ください。
http://www.toshiforum.arch.waseda.ac.jp/sympo.html